トゥアンの技能実習日記 vol.1

今日は2019年10月6日です。もう一週間は、ちょうど日本に行く半年です。

時間はとても早く過ぎ、私は日本の生活と日本の労働文化の美しさもいくらか感じます。

 

マーグ組合で1ヶ月勉強した後、私は茅根工業で働きました。これは、水道管とガス管の

製造に特化した会社です。私が始めたとき、物事は私にとって非常に新しい物でしたが、

会社の熱心な指導があったため、徐々に仕事になれました。

会社の全員がとても親切でフレンドリーです。休憩するたびに、私は通常、日本語を話し、

学ぶ人と一緒に座っています。

 

私は時々人々に食事に招待されました。私達の関係はさらに親密です。

 

 

仕事の後、アパートに戻り、自分で食事を作ります。

日本食は本当に美味しいですし、寿司、刺身、うどんなどの日本名物も食べました。

食事を終えた後、私は日本人と12月の試験に話すことができるように1日約1時間日本語を勉強します。

日本語は本当に面白いですが、漢字は少し難しいですが、たくさん勉強しようと思います。

 

週末、私はよく友達とサッカーをします。

 

 

大阪と京都にも行きました。大阪はとても忙しく、京都はとても古いです。

日本で3年間、日本の古くて美しい場所を探検したいと思います。

 

 

 

秋と冬が来ています。面白いものが待っています。

次の2年半の間、私は良い仕事をして多くの日本語を学ぼうとします。

 

 

スポンサーサイト

コメント

弊社に、ベトナム人実習生が来て5ヶ月が経ちました。
フレッシュな仲間が増え弊社も一層若返り忙しい毎日を過ごしています。
7月には、22歳の正社員も加わりました。
ベテランの社員とフレッシュな社員で、大変良い環境で、仕事が出来ていることを感謝します。

  • 茅根
  • 2019/10/22 17:41